AIスキャンロボSM

AIスキャンロボSM人工知能によるOCRデジタルスキャナー

請求書等が自動的に読み取れたら

取引先等から届く大量の請求書等を自動的に読み取ることができれば、大幅なコスト削減になることは分かっていても、既存のOCRだけでは実現が難しいところがありました。
手書きや印刷された文字をデジタルの文字コードに変換するOCRで難しいのは、企業によって請求書等のフォームが千差万別であることが一因です。

AIスキャンロボSMが実現するコスト削減

AIスキャンロボSMなら、請求書等のフォーマットを分析してテンプレートとして蓄積することで、反復的な取引先のデータは、より早く正確に読み取ることが出来るようになります。
さらに、読み取りを人工知能が学習することにより、利用する年数が長くなるほど、正確性が増していきます。

ERPや経理システムへのデータ連携

社内にある様々なマスターデータや取引データを統合データベースにて一元管理し、販売管理・在庫管理・生産管理・会計など複数の業務プロセスをシステム上で連携することができるERPや高度な経理システムも、入力するデータが正確でなければ十分な効果を発揮しません。
AIスキャンロボSMによる人工知能と人間の目により正確性が担保されたデータであれば、連携に不安はありません。

solutionAIスキャンロボSMの開発

手書きや印刷された文字をデジタルの文字コードに変換するOCRで難しいのは、企業によって請求書等のフォームが千差万別であることも一因。請求書等のフォーマットを分析してテンプレートとして蓄積することで、反復的な取引先のデータは、より早く正確に読み取ることが出来るようになる。

  • 請求書等をスキャナで取り込んでファイルにする
  • 請求書等のフォーマットからテンプレートを自動識別する
    (初めに人間がテンプレートを作成)
  • 請求書等の内容をテキストデータにする
  • 人間が請求書等とデータの内容をチェックする
  • データファイルを作成して経理システムに連携する
  • 人工知能の学習能力で読み取り能力が向上する
solution自動的に請求書等の文章を分割する仕組み(オートセグメンテーション)
自動的に請求書等の文章を分割する仕組み(オートセグメンテーション)

請求書等は順番に文字が並んでいるのではなく、請求元や発注内容が段組みや表としてレイアウトされている。画像と文字領域を分離し、それら文章がどのように配置されているかを解析し、自動的に文字認識する順番を決めていく。

solution自動的にテキスト化して、人間が内容をチェックしたのちに、DB連携を行う
テキスト化したデータをデータベース連携

人工知能により素早くテキスト化したデータは、AIだけでも高い精度を誇るが、人間の手で最終チェックすることにより正確性を担保。その上で、完全なデータをERPや経理システムのデータベースへ連携させる。