選ばれる理由

スピード導入

ネットスマイルの開発フローは、一般的な請負契約型のシステム開発と大きく違います。

一般的には、要件定義から始まり、本格稼働するまでに長く詳細な打ち合わせが必要になりますが、ネットスマイルの場合には、POC(プルーフオブコンセプト)型を採用しているため、構想打ち合わせ後、すぐにプロトタイプを作成し稼働させることができ、早い段階で深層学習をスタートできます。

一般的な流れ請負契約型

稼働するまでに時間がかかる

ネットスマイルPOC(プルーフオブコンセプト)型

構想打ち合わせ後、すぐにプロトタイプを作成し稼働させることで早い段階で深層学習をスタートできる

導入の流れ

育成重視

ネットスマイルでは、当初から100%の正確性を追求するのではなく、人為的に発生するのと同程度のミスを織り込んだ人間らしい人工知能を導入し、「育成」することによって、正確性の向上とトータルコスト削減を実現しています。

人工知能は、導入初期よりも深層学習により育成が進んだ後の方が高い正確性を実現できます。
AIの活用で重要なのは育成なのです。

開発方針

多様な人材

人工知能の開発には、専門的な英語理解力と高度なプログラミング能力が必須です。
特許庁「平成26年度特許出願技術動向調査報告書」によると、人工知能技術に関する日本語の論文は僅か2%に過ぎません。
海外の論文や最新の動向を読み解くためには、専門的な英語理解力が必要です。

研究者所属機関国籍別論文件数と比率(IJCAI 2013)

また、プログラミングスキルチェックでランクS(上位2%)となる人材を採用しております。
専門的な英語理解力と高度なプログラミング能力を持つ多種多様な人材が在籍していることが強みです。

コーディング結果によるランク表
  • S

    非常に高いスキルを持っている

  • A

    高いスキルを持っている

  • B

    一定水準以上のスキルを持っている

  • C

    基本的なスキルを持っている

  • D

    スキル水準が低い

  • E

    ビギナー

主要メンバー