事業案内

AIの認知技術を活用したRPAによるコストダウンAI RPAロボットSM
(AI-RPAロボSM)事業

RPA(Robotic Process Automation)とは
これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、若しくはより高度な作業を人間に代わって実施することができる、人工知能や機械学習等を含む認知技術を活用した業務自動化の取組み

RPAはバックオフィス業務と親和性が高い

ロボット(RPA)化に向く業務
大量処理
反復的な作業
予測可能な業務(パターン認識も含む)
ボリュームの季節変動がある業務やピークボリュームが読みにくい作業

バックオフィス業務全般がコストダウンの対象

コストは大幅に削減できる可能性

  • 人件費格差や標準化を元にしたコスト削減は

    15~30が限界

  • RPAを活用したコスト削減は

    40~75が可能

出所:KPMG Consulting Co.,Ltd.

AI RPAロボットSM(AI-RPAロボSM)による業務自動化プラットフォーム

  • 人工知能によるOCRデジタルスキャナー

  • 人工知能による業務運営

    業務オペレーションの自動化、地盤解析自動化、自然言語業務自動化 等

  • 原因解明

    ビッグデータ原因解明、売上原因分析、故障原因解明 等

  • 予測

    延滞予測、故障予測、商品価格予測、需要予測、在庫予測 等

  • AIスキャン・ロボ

  • AI金融ロボ

  • AIチャットボット・ロボ

最新の人工知能アルゴリズムによる学習

学習データの属性に応じて、最新の人工知能アルゴリズムを構築

様々な種類の人工知能アルゴリズムを試すことにより、認識率の最大化を行う