ニュースリリース

トピックス

農林水産省産学官連携協議会研究開発プラットフォーム総会にて、講演を行いました。

2017.03.03

「ニーズ指向技術革新による高品質食資源の開発と世界に向けた産業創出」研究開発プラットフォーム総会にて、弊社代表の齊藤福光が「人工知能によるビックデータ解析及び予測モデルについて」と題して講演を行いました。

※「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会 研究開発プラットフォーム

研究領域
日本食・食産業のグローバル展開
研究開発プラットフォーム名
「ニーズ指向技術革新による高品質食資源の開発と世界に向けた産業創出」研究開発プラットフォーム
管理運営機関
(公財)未来工学研究所
目的
科学的な根拠に基づく「知」を活用し、人々の嗜好に合う高品質な食肉(豚肉、鶏肉、魚肉など)を生産することにより、海外から流入する食肉と差別化し、かつアニマル・ウェルフェア(動物福祉)に反する生産技術とは一線を画する生産技術を開発し世界に展開する。そのために、飼料企業、生産者、加工、物流、外食サービス業などを経て消費者に届くバリューチェーンを構築して、マーケティングと商品化実証することを目的とする。

<開催概要>

―農林水産省「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会―
「ニーズ指向技術革新による高品質食資源の開発と世界に向けた産業創出」研究開発プラットフォーム 総会
開催場所:東京大学農学部二号館第3講義室(化学3番教室)
日時:2017年3月3日(金曜日) 13:15~16:40

一覧へ戻る